ジュエリーとハンドメイドnote

ピアスの種類一覧 形状や耳に着ける位置で名前が変わる?

装飾品の中でも、とても高い人気を誇っているのがピアス。

複数持っていて、その日の気分で着け変える方も多いと思います。

ですが、一口にピアスと言っても沢山の種類があるので、購入する際に迷ってしまう方も。

「どのようなピアスをお探しですか?」

このように聞かれた場合などに困らないように、形状や着ける位置によって名称が変わるピアスについて分かり易く解説していきます。

スタッドピアス

真珠のピアス

スタッドピアスとは、ピアスにポスト(まっすぐな棒)が付いているタイプ。

そのポストを耳たぶのピアスホールに通し、裏側でキャッチに通して固定します。

どちらかというと小ぶりなデザインが多く、顔の輪郭の印象などもそれほど変わりません。

その為、ピアス初心者から上級者まで幅広く人気で、一番ベーシックなタイプです。

また、昨今ではマスクを身につける事も多いと思いますが、小ぶりのデザインなら引っ掛かりなどもそれほど気にせずに装着できるところも良い点です。

フープピアス

フープピアス

フープピアスは、耳たぶに輪っかを通しているように身につけるタイプ。

円の太さや大きさだったり、真円か楕円かなどバリエーションも様々です。

そして、一見シンプルなフープピアスですが、太さや大きさでその印象がだいぶ変わってきます。

例えば直径の長い大き目のフープピアスは、身につけていることが一目で分かる存在感がありますので、その他のコーディネートはシンプルにするとバランスがよくなります。

それとは逆に小さめで細いタイプの場合は、繊細な落ち着いた印象になります。

その日のヘアスタイルやTPOに合わせて、大きさや太さを使い分けるのがおすすめです。

チェーンピアス

チェーンピアス

チェーンピアスとは、ピアスホールにチェーンを通し、ゆらゆらとぶら下がるようにして着けるタイプのピアスです。

大きく分けると、

・シンプルにチェーンのみのタイプ

・先端にモチーフがついているような、ワンポイントのあるタイプ

このような感じになります。

基本的にはピアスホールに通した際に、前後のチェーンの下がり具合を好みの長さに調整して使用します。

長さも5cm程度~10cm程度といった感じで、日常使いから存在感のあるタイプまで様々。

また、モチーフのついているタイプは、垂らし具合でポイントの位置を調整できるので、輪郭とのバランスを考えて身につけられるのが良い点です。

縦に長さのあるタイプなので、輪郭が丸いタイプの方とも相性の良いデザインです。


 

フックタイプ

フックピアス

フックタイプのピアスは、ポスト部分が釣り針のようになっています。

その釣り針のようなポストをピアスホールに引っ掛けて使用し、耳たぶの下あたりでモチーフが揺れるデザインが多いです。

動きのあるタイプなので、顔周りに華やかさをプラスしたい時などに重宝します。

また、スタッドピアスとは違って基本的にキャッチは不要なので、無くしがちなキャッチについて気にしなくても良いのは嬉しい点です。

ボディーピアス

ボディーピアス2
ボディーピアス

先ほどまで紹介してきたのは、一般的にファッションピアスと呼ばれているものでした。

ボディーピアスとはその名の通り、付ける位置が耳だけとは限らないアイテムです。

最近は大きさや種類がとても豊富なので、ファッションピアスを愛用されている方達でも問題なく使用できるものが沢山販売されています。

そして、それほどポピュラーなオシャレアイテムとして認識されてきているボディーピアスですが、実は耳だけでも着ける場所によって名前があるのも特徴の一つです。

出典 https://rin-kyo.com/blog/bodypiercing-knowledge1/

どうですか?「こんなにあるの?」と、驚いた方もいるかもしれません。

ただ、名前は知らなくてもトラガスやヘリックスなどはよく見かけますよね。

今回はほんの少しの解説ですが、もっと詳しく知りたいという方は、上の出典のリンクから専門店の詳しい記事を参考にしてみてください。

また、商品を見てみたいという方は、ボディピアス 凛から見ることが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?

ピアスは形状や身につけ方によって、名称が色々あるというのが分かって頂けたと思います。

そして、違いが分かれば商品選びの際に迷うことも少なくなるはずです。

自分好みのピアスを探す際には是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です