ジュエリーとハンドメイドnote

「ハンドメイド作家は嫌い」そう言われない為に出来る事。

モノ作りを楽しんでいる方達は、ふとした時に「ハンドメイド」と検索したことがあると思います。

最近では検索エンジンの性能が上がり、関連した言葉も提示してくれますよね。

そして、候補に出てきたワードの中で、

「ハンドメイド作家 嫌い」という検索ワードを目にしたことがあるかもしれません。

今回はそのワードについて解説していこうと思います。

「ハンドメイド作家 嫌い」の意味

花と鍵

この言葉については色々な意味があると思いますが、

例えば作り手目線だと、「ハンドメイドをしていて嫌に感じる事がある」。

作り手以外の目線からだと、ストレートに「ハンドメイド作家が嫌い」この様な感じです。

ですが、検索の意図としては、作り手以外の方が思っている場合の方が多い印象です。

なぜ嫌いと言われてしまうのか?

ハテナマークと女性

これには色々な理由があるみたいですが、なかなか厳しい意見が多いようです・・。

・素人が製作しているだけなのに、作家と名乗っているのが嫌い

・作家と名乗っているくせに、作品は手作り感が凄い

・単なる趣味の延長なのに作家気取りで嫌い

・・・まあこんな感じで否定的なイメージを持つ方が多いのは事実です。

嫌いと言われてしまうのは仕方ない

これはハンドメイド作家に限らず、何をしていても否定的な意見というのは出てきてますので仕方のないことです。

もしあなたが作り手の側だったらそう割り切るしかなさそうです。

もし作り手ではない方がそう感じたとしたら、それはそれで当たり前なのかもしれませんから。

ですが、作品を制作していて自分が楽しければハンドメイド自体は素敵な事です。

引っ掛かっているのはそこではない

なので、ハンドメイド自体を止める必要は当然ありませんが、

他人が引っ掛かっているのは「作家」というワード。

趣味ではなくハンクラサイトなどで販売をしていても、

あまり需要が無い場合には「作家気取り」と言われてしまったり、「ハンドメイド作家 嫌い」の中に自分も含まれてしまう可能性があります。

そのような声が気にならないようにするためには、当然ですがある程度の実績は必要なのかもしれません。

どのようなジャンルもピンキリ

白いNOの文字

ここまでの解説でだいたい理解して頂けたと思いますが、ハンドメイド作家が嫌われているのではなく、

「作家ぶっている」人が嫌われる。これが的を射た受け取り方だと思います。

私自身は、「人の勝手でしょ?」と思うのですが、胸を張って「作家」と名乗りたい場合には実績や技術が必要なのも事実です。

そうしないと「ただの素人じゃん、趣味でモノ作りしてるだけなのに作家って・・」、そう言われても何も言い返せません。

要するに、ハンドメイド作家もピンキリで、

・素敵な作品を沢山販売できているレベルの高い作家さん

・他人から見たら素人レベルの作家さん

この二つのどちらに自分が属するかで、「ハンドメイド作家 嫌い」というワードの受け取り方が変わります。

「ハンドメイド作家 嫌い」に含まれないようにするには?

勉強しているところ

この解決法はとてもシンプルだと思います。それは、

レベルの高い技術を身につけて作品を制作し、多くの方に購入してもらう事。

とてもシンプルですが、結局これしかないのではと思います。

というのも、現在では多くの方がハンドメイド作品を作り、気軽に販売できる環境が整っています。

そして、それなりに販売実績のある方達の作品はレベルが高いです。

結局は、「ハンドメイド作家は嫌い」と言われないようにではなく、

気にならないレベルになるのが良い方法の一つ。

素敵な作品を制作していれば気に入ってくれる人も自然と増えるので、販売実績を積み重ねるうちに気にならなくなります。

もし、「まだまだだな~」と思っているなら、

書籍で勉強したり資格を取るなどして、自信が持てる知識や技術を身につけるのもおすすめです。

まとめ

今回はハンドメイド作品を制作している方達が耳にする言葉について解説してみました。

否定的な言葉ですが、購入する方達の意見として耳を傾ける価値があるかもしれません。

このような言葉が気になった方は、売れている作家さんと自分自身を客観的に比べてみてはいかがでしょうか。

もし、ハンドメイド作家として知識や技術のレベルアップを考えているなら↓の記事もおすすめです。

ハンドメイドでプチ稼ぎ|人気の資格とおすすめ講座|5社まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。