ジュエリーとハンドメイドnote

指輪の刻印は持ち込みでも入れてもらえる?刻印の種類と依頼方法の解説

「指輪に刻印を入れたいんだけどやってもらえる?」

「刻印って自分で入れられるの?」

このように相談されることがたまにあります。

シンプルな指輪やペンダントに、自分の好きな刻印を入れたいという方は結構いるようなので、今回は刻印の入れ方について解説していきます。

指輪に刻印を入れる方法

結論から書きますが、刻印は持ち込みでも可能ですし自分でも入れられます。

もちろんどこのお店でもやってもらえるという訳ではないですが、依頼すればやってもらえるお店も多くあります。

ただ、他店の商品を持ち込まれても受けてもらえない場合があるので、ジュエリーショップというよりは加工を行っている業者さんに依頼するのがおすすめ。

そして、刻印の入れ方にはいくつか種類がありますので、まずはそれを紹介していきます。

刻印の種類

手打ちの刻印

文字が彫刻されている刻印を、金鎚でコンッと打ち付け文字を転写する方法です。

これは、依頼するというよりは刻印を購入して自分で打刻したい方向けの方法。

ただ、この方法は1~2文字だけならいいのですが、一文字ずつ刻印を変えて打つので文字が多くなると間隔や上下のバランスが崩れやすいです。

また、強く刻印を入れすぎると変形の原因にもなるので、力加減が重要になります。

↓の画像は直と曲がりの刻印で、数字が刻印できます。

刻印

リングの場合は曲がりの刻印を↓の画像のように固定し、金鎚でコンッと打刻します。

1文字ずつ打刻するので、バランスよく刻印を入れるのはなかなか難しいです。

指輪に刻印を打つところ

表面に英単語が彫刻されているリングなどがありますが、あえてラフに刻印する時などにはおすすめの方法です。

彫刻機

彫刻機と言っても大げさな機械ではなく、リングを機械に固定し手動で彫刻していく方法です。

文字盤をなぞると連動した針がリングの内面に彫刻してくれる仕組み。

この機械を使えば文字の間隔なども均等に彫れますし、一文字ずつ打刻するよりもきれいに仕上がります。

とは言っても説明だけだとピンとこないと思いますので、ハープさんの文字彫刻の動画リンクを↓に貼っておきます。

ハープさんの指輪彫刻

レーザーマーキング

ジュエリーに彫刻する時に、一番汎用性が高いのがレーザーマーキングだと思います。

レーザーマーキングは、文字だけでなく記号・模様・オリジナルの画像や写真なども彫刻が可能で、金属以外の物にも彫刻が可能。

また、彫刻の深さやフォントの種類なども豊富なので、好みの刻印を入れる事ができます。

都内にあるシーフォースさんは郵送で加工を受け付けてくれるので、遠方の方にもおすすめです。

シーフォースさんの加工例

レーザー彫刻加工例1

レーザー彫刻加工例2

引用 シーフォース https://www.kakounet.com/lasermarker/index.html

リンク先には詳しい依頼方法と専用のフォームがありますので、そちらを参考に依頼してみてください。

レーザーマーキングで彫刻した一例

↓のリングはとてもシンプルな一例です。

カップルそれぞれのイニシャルをDとMを1文字ずつ入れました。

好みのフォントを選べるのがレーザーマーキングのおすすめポイントです。

金とピンクの指輪

レーザーで彫刻した後はザラつくことがあるので、自分で磨けない方は彫刻後に磨いてもらうのがおすすめ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

刻印の入れ方にもいろいろと種類があるのが分かって頂けたと思います。

ご自分の指輪などに刻印を入れたいと思っている方は、レーザーマーキングなどのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

郵送で依頼できますし、思っているよりも意外と簡単にできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。